1. Top
  2. 当院の概要
  3. 理念・方針・指針

理念・方針・指針

基本理念

良質な高度医療で、地域に安心をもたらします

基本方針

  1. ハイレベルのチーム医療で患者さんを支えます
  2. 救急医療を充実させ、中核病院の役割を果たします
  3. 急性期医療を担い、地域連携を推進します
  4. 経営基盤を強化し、病院機能を向上させていきます
  5. 高い技術と倫理観をもった医療人を育成します

医療安全管理指針

市民の皆様に安全な医療を提供することは、市民病院に課せられた使命であり、医療事故の発生防止に努めることは重要な課題です。

三田市民病院では、職員一人ひとりが自覚を持ちながら、組織としての取組を推進することにより、医療事故の防止に努める基本的な考えとして、以下の医療安全管理を定めています。

医療を担う者としての基本的姿勢の保持

患者の生命を預かり、良質かつ適切な医療を提供する使命を担う医療従事者としては、特に人の生命に対して畏敬の念を抱き、人間の尊厳性に対する深い理解を持って、日々、患者の医療に当たらなければいけない。

すべての医療従事者が、この基本的姿勢を忘れずに、保持し続けることが何よりも大切である。

組織として事故防止に取り組む体制整備

医療事故防止を個人の注意力に頼るのには限界があり、組織による事故防止の体制づくりが必要である。

医療行為における正確な指示及び確認の励行、複数の人間や複数の職種によるチエック体制の整備等により、安全なチーム医療の提供が実現するものである。

過去に学ぶ医療事故防止策の構築

過去に発生した医療事故やヒヤリ・ハット事例の教訓から予防策を学び取ることは、大いに有益である。

そのためには、皆がマイナスの情報も隠さず自主的に提供しようとする現場の雰囲気が必要であり、正確な情報の集積があってはじめて、具体的な事故防止策を整えることが可能となるものである。

また、事故の原因分析においては、「誰が事故を起こしたか」ではなく、「何が事故を招いたか」に視点を置き、その分析結果を踏まえた上で、人間はミスを犯すものであるとの前提にたって事故防止対策を構築していくことが大切である。

患者との信頼関係の確立

患者と医療従事者との間に良好な信頼関係があることは、紛争防止のみならず、誤認や不注意による事故防止にも役立つものである。

そのためには、インフォームド・コンセントの充実を図るとともに、正確な記録に努め、患者側への情報開示を推し進めることが大切である。

職員の自己研鑽の促進

医学の、医療における進歩の度合いは早く、医療従事者としては、日々、患者の期待に応えるよう、医療に関する知識の習得、実践的努力による医療技術の研鑽に望むことが必要である。

医療安全管理委員会において、医療安全管理の視点で現状分析を行い、問題点を抽出し年間の委員会目標及び行動目標、問題解決の行動計画を策定する。

平成16年作成
平成20年4月改訂

医療関連感染対策のための指針

医療関連の予防・再発防止及び集団感染事例発生時の適切な対応など三田市民病院における医療関連感染体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービス提供を図ることを目的とする。

感染管理に関する取り組み

活動組織名

院内感染対策委員会 感染管理チーム 感染管理リンクナース

活動内容

  1. 医療関連感染サーベイランスの実施
  2. 感染管理に関する教育、啓発、研修企画・運営
  3. 関連感染対策マニュアルの策定・改訂
  4. アウトブレイク(感染が多発時)発生時の調査と介入・支援
  5. 院内ラウンドによる感染対策の点検と助言
  6. 中央材料室・内視鏡洗浄室における洗浄・消毒・滅菌業務の管理
  7. 清掃・洗濯・施設設備・給食などの感染防止対策の監視・指導を行う
  8. 職業感染防止対策や職員への各種ワクチンの接種等
  9. 院内感染対策委員会の会議及び活動
  10. 感染管理にかかわる医療材料・器材の選定

地域連携活動

  1. 地域連携施設とのカンファレンスを行い、情報交換を行う
  2. 地域連携施設と相互のラウンドを行い、感染防止対策の質の維持に努める
  3. 院内職員や地域連携施設職員による感染対策のコンサルテーション
  4. 宝塚健康福祉事務所との緊密な連携を取る


三田市民病院 院内感染対策委員長
平成22年5月1日 作成
平成24年5月1日 改訂
平成28年9月28日 一部改訂

倫理の方針

三田市民病院における宗教的理由による輸血拒否に関する基本方針

平成29年2月7日

 本院では、宗教的理由により輸血による治療を拒否する患者に対して、患者 自らの意思に配慮し、無輸血による治療手段の提供に努力することを原則とし ますが、救命手段として輸血が回避できない場合には、人命を最優先する観点 から輸血治療を行ういわゆる「相対的無輸血」の方針をとります。

 輸血の実施に当たっては、患者及び家族等の関係者にこの基本方針について 十分な説明を行うとともに、理解と同意が得られるよう努めますが、この方針 が受け入れられず治療に時間的余裕がある場合には、転院を勧奨します。

 また、緊急搬送時や入院中の病状の急変など時間的な猶予のない緊急時にお いては、救命を最優先とし、上記の相対的無輸血を実施します。

 ついては、患者から提示される「輸血謝絶兼免責証明書」等の絶対的無輸血 治療に同意する文書には署名しません。

宗教的理由による輸血拒否に関する対応方針

ページ先頭へ戻る