1. Top
  2. 当院の概要
  3. 病院沿革

病院沿革

昭和
24年 12月 三田町立診療所として発足
内科、外科、耳鼻いんこう科、放射線科 病床数8床
25年 12月 町立三田病院となる
小児科、産婦人科、眼科を新設、病床数20床
28年 2月 病床数25床になる
33年 7月 三田市民病院と改称(市制施行)
39年 5月 第1期工事完成(外科)病床数51床
40年 7月 整形外科新設(7診療科)
41年 8月 第2期工事完成(増築)病床数73床
46年 6月 第3期工事完成(増築)病床数141床
リハビリテーション施設整備
59年 9月 脳神経外科新設
60年 8月 皮膚科新設(専門外来)
61年 1月 小児科(常勤医による毎日診療開始)
平成
7年 5月 新市民病院オープン 病床数250床、13診療科
6月 救急医療機関告示認定
11月 日帰り人間ドック開始
8年 4月 病床数300床
11月 薬剤情報提供を開始
9年 4月 医療福祉建築賞を受賞
10月 財団法人日本医療機能評価機構 一般病院種別B認定(Ver.1)
10年 7月 消化器内科、循環器内科新設 15診療科になる
11年 7月 時間外小児救急病院間連携(2次救急)開始
13年 1月 クリニカル・パス導入
14年 10月 財団法人日本医療機能評価機構 一般病院の認定を更新
15年 4月 臨床病理科新設
16年 5月 増築棟完成(2階に救急処置室や内視鏡検査室、CT室を拡充、外来化学療法室を新設、3階救急重症病棟をオープンし7床移設、4階に人工透析室を移設)
10月 脳神経外科 脳卒中センター開設(24時間対応)
地域医療連携室開設
18年 7月 形成外科を標榜し16診療科となる
20年 12月 三田市民病院経営健全化基本計画策定
21年 3月 三田市民病院経営健全化実施計画策定
6月 最新型64列CT導入
7月 循環器内科 心臓センター開設(24時間対応)
地方公営企業法全部適用
22年 8月 腎臓内科を標榜し17診療科となる
23年 5月 財団法人日本医療機能評価(Ver.6.0)機構 一般病院の認定
24年 6月 消化器外科を標榜し18診療科となる
10月 内視鏡センター開設
11月 地域医療支援病院承認
25年 7月 整形外科 関節センター開設
26年 8月 病理診断科を標榜し19診療科となる
29年 1月 財団法人日本医療機能評価機構 一般病院2の認定(3rdG:Ver.1.1)
ページ先頭へ戻る