眼科

  1. 診療内容
  2. 当科の特徴
  3. 外来診療日
  4. 診療実績
  5. スタッフ紹介

診療内容

    下記の疾患を外来または入院で診療しています。

  • 眼瞼、結膜、角膜の感染症をはじめとする前眼部疾患
  • 白内障
  • 糖尿病網膜症、網膜血管の閉塞症、中心性網膜症などの網膜疾患
  • 視神経炎や眼球運動障害などの神経眼科領域の疾患
  • 主に小児の遠視などの屈折異常や斜視
  • 緑内障
  • ぶどう膜炎

当科の特徴

  • 眼科では視力や眼圧をはじめとして多くの検査を行ないます。その一つ視野検査では、自動視野計によるものが一般的ですが、高齢の方や視野が非常に狭い場合には検査が困難なケースも少なくありません。当科では視能訓練士による動的視野検査で、さらに多くの方が検査可能となっています。
  • 糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの網膜疾患や緑内障に対してはOCT(光干渉断層計)を導入し、侵襲の少ない検査で早期発見や病状の把握を行なっております。
  • 小児の斜視や屈折異常(遠視等)では視能訓練士が視力や眼位、立体視などを検査し、視機能発達の点で重要な早期発見と長期のフォローアップを行います。
  • 糖尿病網膜症や網膜裂孔など網膜疾患に対しては、マルチカラーレーザーによる網膜光凝固を、急性緑内障発作や白内障術後に発症する後発白内障にはYAGレーザーを利用した治療を行なっています。
  • 白内障や重篤なぶどう膜炎、角膜などの感染症については随時、入院治療を積極的に行なっています。

外来診療日

  • 一般外来/専門外来(予約制)
外来担当医表をご確認ください

診療実績

平成29年度
超音波水晶体乳化吸引術+眼内レンズ移植術 217例
水晶体嚢外摘出術+眼内レンズ移植術 2例
霰粒腫摘出術 4例
翼状片摘出術 2例

スタッフ紹介

調 久光 部長 昭和63年卒
  • 日本眼科学会専門医
shirabe_h.jpg

視能訓練士 2名

ページ先頭へ戻る