麻酔科

  1. 日本麻酔科学会認定病院
  2. 手術当日入院について
  3. 麻酔管理
  4. 術後痛について
  5. 主な医療設備
  6. ペインクリニック
  7. 診療実績
  8. 麻酔科医募集について
  9. スタッフ紹介

日本麻酔科学会認定病院

当院での麻酔科管理症例は全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、超音波ガイド下末梢神経ブロックが中心で年間約2,000症例に及び、この2,3年で年々増加しております。これらに対して、麻酔専門医が常勤し、安全性を高めるために麻酔関連機器の充実とスタッフに対する教育を励行し、学術集会への参加も行っております。このことから当院は、日本麻酔科学会の定めた認定基準を満たしており、麻酔科認定病院に認定されております。

手術当日入院について

多くの病院では、麻酔科が関わる予定手術(全身麻酔手術もしくは、脊椎麻酔手術など)の際は、手術前日に入院していただくことになりますが、当院では手術当日に入院して、入院当日に麻酔科の関わる手術を受けて頂くことも可能です。入院日数を減らせることで患者本人、ご家族の負担を軽減することができます。ただし対応可能な診療科、術式、患者本人の全身状態、付き添うご家族の有無などございますので、詳しくは手術が決まった際に各診療科にお問い合わせください。

麻酔管理

手術前の検査を基に診療し、日本麻酔科学会発行のパンフレットなどを用いて説明を行い、麻酔の同意を得ております。重大な合併症がある場合は、前もって麻酔科術前診察外来で患者様に麻酔の安全性と危険性について説明をしております。手術中は、日本麻酔科学会が提供している安全情報に基づき、手術が安全で円滑に進むよう患者様の状態を監視しております。

術後痛について

当院では比較的術後痛の強い手術に関しては、積極的に硬膜外麻酔の併用もしくは神経ブロックの併用によって痛みを軽減することに努めています。特に術後痛の強い整形外科人工膝関節置換術や肩腱板断裂手術などには、持続の末梢神経ブロックを使用して痛みの軽減に努め、術後のリハビリを進めやすくしております。

また、開腹手術でも硬膜外麻酔を併用し、痛みの軽減に努め術後リハビリを進めやすくしております。これらの症例では、麻酔科専門医が術後も回診を行い、痛みの評価を行い、極力少ない痛みになるよう務めております。

※硬膜外麻酔・神経ブロックに関しては、手術前の麻酔科診察時に説明を聞いていただき、ご納得の上受けていただく方針となっております。ご不明な点は手術前診察の際に、麻酔科医にお問い合わせください。

主な医療設備

・手術室
 手術室5室 内1室は無菌手術室
・患者監視モニター
 患者監視モニター(日本光電社製BSM-6701:5台)
 麻酔器5台(GE社アバンス4台,エスティバ1台)全てにデスフルラン気化器付き、
 心電図、自動血圧計、体温維持装置、人工呼吸器、呼吸モニター、
 酸素飽和度計、麻酔ガスモニター

・中央監視システム
 中央監視システム、電子カルテ、電子麻酔記録装置、吸引装置、
 余剰ガス排出装置

・緊急システム
 緊急薬剤、気管支鏡、ペースメーカー、人工心肺、除細動器、
 心肺機能測定装置、麻酔深度計

・その他
 X線透視装置、血液ガス分析装置、高周波電気凝固装置、
 超音波神経ブロック装置、筋弛緩モニター、神経刺激装置、血液加温器、
 各種挿管困難用器具、TCIポンプ5台、Air way scope1台、マックグラス1台、
 気管支鏡2台、神経ブロック用超音波装置2台、ビジレオモニター2台

ペインクリニック

ペインクリニックは、体のあらゆる部位の痛みに対する治療を行う治療部門です。病院を訪れる患者さんの60%以上は、なんらかの痛みを主訴としています。痛みの治療は、単なる対処法的に捉えがちでありますが、痛みを正確に診断し治療することは、原疾患の早期治療・治癒にも役立ちます。

ペインクリニックの対象疾患としては、

  1. 体のあらゆる部分に出る痛みとして、帯状疱疹(ヘルペス)や外傷後、がんによる痛みなどを扱っています。
  2. 頭部では、頭痛、三叉神経痛、様々な顔面の痛み等の他に、顔面神経麻痺、突発性難聴などの痛くない疾患の治療を行います。
  3. 頸部から上肢では、各種の頚椎疾患や外傷性頚部症候群(むちうち)、肩こり、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎(五十肩)などがあります。
  4. 胸背部および腰下肢では、様々の胸背部痛や腰痛、脊椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱菅狭窄症、坐骨神経痛などによる下肢痛の治療を行います。
  5. また、末梢血行障害による四肢の痛みの治療も行います。

治療法としては、鎮痛薬や鎮痛補助薬による薬物療法と神経ブロックという注射による治療法があります。特に神経ブロックは、鎮痛薬に抵抗する神経障害性痛(神経痛)に対して効果があります。

ペインクリニック外来について

三田市民病院では、ペインクリニック外来を開設しています。体のあらゆる部位の痛みでお悩みの方は、是非ご相談ください。

日時

外来担当医表.pdfの「麻酔科(ペインクリニック)」の欄をご確認ください。

※痛みのある方はどなたでも、木曜日の初診受付時間にお越し下さい。

診療実績

麻酔科_診療実績

麻酔科管理症例のみH27年度H28年度H29年度
全身麻酔(全麻) 915例 929例 908
全麻+硬膜外麻酔 211例 139例 129
全麻+神経ブロック 660例 805例 966
脊椎麻酔(脊麻) 314例 239例 230
脊麻+硬膜外麻酔 1例 1例 1
脊麻+神経ブロック 39例 32例 25
硬膜外麻酔 1例 0例 0
神経ブロックのみ 7例 0例 0

・麻酔科年令別症例件数(PDF)

・麻酔科診療科別症例件数(PDF)

麻酔科医募集について

認定医・専門医の有無にかかわらず、常勤麻酔科医を募集しております。

  • 当院は年間2,000例を超える麻酔科管理件数があり、積極的に末梢神経ブロックも併用しております。
  • 日本麻酔科学会認定病院に指定され、麻酔関連器具も充実しております。
  • 子育て中の方に対しては、勤務日・勤務時間などをご相談可能な場合があります。ブランクがある方は、色々followさせていただくことも可能です。当院で行われていない、呼吸器外科症例・心臓麻酔症例・小児外科症例も当院の関連病院で研修することが可能です。

何か質問などあれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

三田市民病院 事務局 総務課総務係
〒669-1321 三田市けやき台3丁目1番地1
電話 079-565-8605(直通)
bsoumu@city.sanda.lg.jp
メールフォームからのお申込みはこちら

専門研修プログラム

当院は、専門医機構麻酔科専門研修プログラムの、兵庫医科大学麻酔科専門研修プログラム、神戸大学医学部付属病院麻酔科専門研修プログラム、千船病院麻酔科研修プログラムに、専門研修連携施設として登録されており、連携もしております。

スタッフ紹介

笠置 益弘 医長
  • 日本麻酔科学会 指導医
  • 日本小児麻酔学会認定医
諸岡 あかり 医長
  • 日本麻酔科学会 専門医
濵部 奈穂 副医長
  • 日本麻酔科学会 専門医
邉見 弥生 副医長
  • 日本麻酔科学会 専門医
ページ先頭へ戻る