1. Top
  2. 診療のご案内
  3. 整形外科

整形外科

  1. 診療内容
  2. 当科の特徴
  3. 外来診療日
  4. 診療実績
  5. スタッフ紹介

当科の特徴

近年の高齢化に伴い、変形性関節症をはじめとする関節疾患、脊椎疾患、関節リウマチ、骨粗鬆症に伴う骨折などが増加してきています。三田市の中核病院として、スタッフ6名でこれらの疾患へ診療を行っています。
特に関節疾患に力を入れており、関節センターを開設し、専門的治療を行っています。

診療内容

関節疾患

変形性関節症をはじめとする関節疾患の専門的治療を行っています。様々な関節疾患に対してMRI、CT、エコーなど各種画像検査に基づいた診断を行い、投薬やリハビリテーションなどの保存的治療、およびそれらの効果が出ない場合は手術による治療を行っています。
変形性股関節症、変形性膝関節症に対する人工関節手術では、ナビゲーションシステムを導入することで安全で正確な手術を心がけています。若年者の場合は骨切り術などの関節温存手術も積極的に行っています。
肩関節疾患の中で一番多い腱板断裂に対しては、関節鏡を用いた腱板修復術も行っています。

  • 変形性股関節症に対する人工股関節置換術
  • 変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術
  • 変形性膝関節症に対する骨切り術
  • 腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術
  • 変形性肩関節症に対する人工肩関節置換術

スポーツ整形外科

整形外科的なスポーツ障害・外傷全般を取り扱っています。その中でも最もスポーツ障害頻度の高い膝関節・肩関節の治療を中心に、主として関節鏡を用いた治療を行っています。
積極的にリハビリテーションも行っています。

  • 膝前十字靭帯損傷に対する鏡視下靭帯再建手術
  • 半月板損傷に対する鏡視下半月板縫合術・部分切除術
  • 反復性膝蓋骨脱臼に対する関節形成術
  • 反復性肩関節脱臼に対する鏡視下関節唇形成術

脊椎疾患

様々な症状を呈する脊椎疾患へ、診察・精査によって診断を確定し、丁寧な説明で病状を理解していただくことを心がけています。
治療は内服・ブロック注射・牽引などによる保存的治療を一番に、十分な効果が得られない場合には手術を行います。
小児期に介入が必要な脊柱側弯症や、高齢者の姿勢異常の原因となる成人脊柱変形についても診療を行っています。

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニア摘出手術
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する後方除圧術および後方除圧固定術
  • 頚髄症に対する頚椎椎弓形成術
  • 側弯症に対する装具治療

関節リウマチ

早期診断、早期治療介入により、寛解導入を目標とした治療を行っています。メトトレキサートをはじめとする抗リウマチ薬の使用に加え、生物学的製剤やJAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬も必要に応じて導入しています。

骨折・外傷

高齢者の大腿骨頚部骨折や一般的な骨折・外傷において、CTやMRIなどの画像診断により評価を行い、麻酔科や内科と連携し、安全な手術に努めています。

骨粗鬆症

DEXAによる骨粗鬆症の診断および治療薬の導入を行っています。

外来診療日

orthopedics2018.png

当院は地域の中核診療施設として、地域医療連携を重視しており、紹介患者様を優先して診療しています。予約のない再診の患者様は月曜日のみ診察可能です。

診療実績

平成30年度
人工股関節置換術(再置換術含む) 36件
人工膝関節置換術(再置換術含む) 49件
人工肩関節置換術 4件
膝関節鏡手術 28件
肩関節鏡手術 34件
脊椎手術 15件
外傷手術 403件
その他手術 237件
総手術件数 806件

スタッフ紹介

角田 雅也 副院長 昭和61年卒
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
  • 義肢装具等適合判定医師
専門:骨折・外傷、関節外科(人工関節)
tsunoda_m.jpg
川﨑 英之 副部長 平成12年卒
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
専門:関節リウマチ、骨折・外傷
西本 浩司 医長 平成13年卒
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
専門:スポーツ外傷・障害、膝関節外科、肩関節外科
堂垣 佳宏 医長 平成16年卒
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
専門:脊椎外科
橋口 貴行 医長 平成19年卒
  • 日本整形外科学会専門医
専門:骨折・外傷
加藤 領 医師 平成27年卒
専門:一般整形外科
ページ先頭へ戻る