1. Top
  2. 看護部について
  3. 看護部長挨拶

地域の中核病院として急性期医療を担い 看護の専門性を発揮して 質の高い、信頼される看護を推進します。 副院長・統括看護部長 中屋 ひとみ

平成29年4月に、副院長・統括看護部長として着任致しました。

三田市民病院は、阪神北医療圏で地域の中核病院として急性期医療を担っています。

看護部は、地域住民の皆さんに良質な高度医療が提供でき、安心して療養生活を過ごしていただけるよう、看護の専門性を発揮して、質の高い、信頼される看護を推進できるよう努力しています。

患者さん、ご家族の方へは、療養中、身近な医療職として安心・安全な医療、看護が提供できるよう接しています。

住民の皆さんとは協働して、健康回復・増進の支援ができるよう、知識・技術の向上を更に努めてまいります。

現任の梅田看護部長と力を合わせて、なくてはならない三田市民病院として、今まで以上に住民の皆さん、職員の皆さんから信頼される看護部であり続けるよう努力してまいります。

また、職員一人ひとりが活き活きとやりがいを持って、元気よく働ける環境作りにも貢献していきたいと考えております。

心のこもった丁寧な看護と柔軟かつ創造的な看護を実践していきたいと思います。 看護部長 梅田 智子

平成27年4月、看護部長に就任いたしました。

三田市民病院の看護部は、地域住民の皆様に安心して生活していただけるよう、急性期病院としての役割を果たしていきたいと思います。患者さんの権利を尊重し、また常に自らの能力を開発することで、より『質の高い看護』を目指します。そして、地域の中核病院としての役割を認識し、地域住民の皆様から『信頼される看護』を提供できるよう努めます。

急性期医療の病院だからこそ、病院を訪れる患者さまに安心して医療を受けていただけるよう、快適で安全な環境を目指し、医療チームの一員として自ら協働する姿勢を持ち、看護の立場から患者さん中心の医療に臨みたいと思います。

看護師の教育は、院内教育プログラムや院外研修の支援など、きめ細やかなプランで専門職としての育成に力を注いでいます。今後は、可能な限り看護実践をデータ化することで、当院の看護部の利点や改善点を明確にし、さらに質を向上させていきたいと思っております。

急性期医療を担う病院で働く看護師は、喜びや充実感を得ることも多い半面、辛さや切なさ、きつさなどの思いを抱えながら昼夜を問わず前を向いて頑張っています。一人一人の看護師が元気にやりがいや達成感を感じ、患者さまやご家族、地域の方々から信頼を得られるような看護部を目指し、職員相互の対話を大切にしながら働きやすい職場環境を整備していきたいと考えております。

ページ上部へ戻る