1. Top
  2. 教育
  3. 教育理念・教育概念図・教育目標

教育理念・教育概念図・教育目標

教育理念

豊かな感性と倫理観を備え、信頼される質の高い看護サービスを提供できる自立した看護師を育成する。また、一人の人間として成長し、自ら看護師としてのキャリアを開発し自己実現できる専門職業人をめざす。

ページ上部へ戻る

教育概念図

看護部の教育の概念は以下のようになっております。

教育概念図

看護実践能力の5つの要素

三田市民病院がめざす「看護実践能力」の構成要素を『看護サービス能力』『人間関係調整能力』『マネジメント能力』『教育・指導能力』『研究能力』の5つにわけそれぞれの到達目標にむけた教育の機会(教育プログラム)を設定している。

1.マネジメント能力
適切な看護サービスを提供するために、看護師に求められる役割や責任を果たす能力
2.看護サービス実践能力
患者の状態に応じた適切なサービスを提供するために、幅広い知識と正確な技術を統合し、実践する能力
3.人間関係調整能力
患者・家族との信頼関係を保つために、コミュニケーション技術を高めるなどの人間関係を築く能力。また、医療チームと協調し、連携を図る能力。
4.教育能力
看護の質を保証し向上させるために、看護学生や看護師の個別ニースに対応した指導ができる能力。
5.研究能力
患者のニーズや社会及び医療内容の変化に伴い、それに対応できる看護サービスの改善やシステム化に向け、論理的思考・問題解決思考を持ち、研究的に取り組む能力。

ページ上部へ戻る

教育目標

  1. 社会人、医療人としての基本的なコミュニケーション技術を身に付け、患者・家族、医療・看護チーム内の人間関係を築き、調整を図ることができる。
  2. 知識・技術の習得とともに、経験から学ぶことにより臨床判断力を高め、適切な看護サービスを提供できる。
  3. 看護サービスの質の向上、組織目標の達成のために看護実践や役割などを通してマネジメント能力を養う。
  4. 対象の状況、状態、個別のニーズを把握し、時、場所、内容、評価方法を選択して、看護における教育・指導機能を果たす。
  5. 実践している、あるいは実践しようとする看護を客観的に捉え、論理的思考や科学的な裏づけに基づき分析し、研究的に取り組む姿勢を養う。
  6. 各自が主体的に生き方のテーマや仕事の目的・目標を選択し、仕事とライフスタイルの調和や自分らしさを創るキャリアが開発できる。

ページ上部へ戻る