1. Top
  2. 看護への想い
  3. 地元で地域貢献

my desire.04 ひとりの看護師さんとの出会いが運命でした 6階西病棟勤務 看護師 (卒後2年目)

三田市民病院を選んだ理由

私が三田市民病院に勤めることになったきっかけは、家から近く通勤に時間がかからないことと、専門学校の先生から奨学金制度があることを教えてもらったことでした。就職前から入職予定の学生に対してオリエンテーションがあったり、国家試験前には勉強会も開催されるなど教育面が充実しており、学校卒業後も定期的に研修が行われるなど、同期の友人とも交流が持てる環境にあることがありがたいです。

看護師へ転職して

私は一度社会に出てから看護師を目指しました。以前は介護に携わっていましたが、介護だけではなく医療を必要とする高齢者の方もおられ、医療的な知識・技術を持って働きたいという思いが強くなり、28歳で看護学校に入学しました。三田市民病院で働き始めたのは32歳の時でした。慣れない3交代勤務など看護師の仕事は心身共にストレスが多く、日々新しい患者さまが入院して来られるので、勉強もずっと続けていかなければなりません。大変なことや落ち込むこともありますが、先輩や同期の友人がいてくれることで、一人ではないという安心感を持って働くことができています。

ページ上部へ戻る